潜水士とは
潜水士試験について
市販テキスト
過去問題
mixiチェック





潜水士試験とは…

労働安全衛生法第75条 高気圧作業安全衛生規則第52条に基づき、潜水士免許試験に合格した者に対し、都道府県労働基準局長が付与する国家資格です。

試験日程財団法人安全衛生技術試験協会より

潜水士免許試験日(平成18年4月〜平成19年3月)

近畿安全衛生技術センタ ー

平成18年
4月
18 18 18 18 18 18 18
5月







6月




15

7月
11 11 11 11 11 11 11
8月







9月







10月
12
12 12 12 12 12
11月







12月







平成19年
1月
18 18 18 18 18 18 18
2月







3月







※10月以降の試験日程は、一部変更することがあります。

受験申請書頒布場所

1.窓口
受験申請書は(財)安全衛生技術試験協会、各安全衛生技術センター及び各センターホームページの申請書頒布団体にて頒布しています。
 北海道安全衛生技術センター
 関東安全衛生技術センター
 近畿安全衛生技術センター
 九州安全衛生技術センター
2.郵送
  次のものを揃えて、受験を希望する各安全衛生技術センターにお申し込みください。
  (1)受験する試験の種類、必要部数を明記したメモ
  (2)切手(1部:200円、2部:240円、3〜5部:390円)を貼付し宛先明記の返信用封筒(角形2号)

受験の申し込み

1.受験申請書の受付
  (1)提出先 各安全衛生技術センター
  (2)受付期間 試験日の2ヶ月前から
イ.郵送は2週間前の消印のあるものまで
ロ.窓口はセンターの休日を除く試験日の2日前まで
各センターの定員に達したときは第2希望日になります
  (3)提出方法 イ.郵便(簡易書留)
ロ.窓口(土曜・日曜・国民の祝日・年末年始・創立記念日(4月1日)を除く)
 2.提出書類等
  (1)免許試験受験申請書(所定の用紙のもの)
  (2)試験手数料
  (3)写真1枚(30mm×24mm)
  (4)添付書類

試験手数料

1.免許試験関係の試験手数料
  学科試験                   8,300円
2.払込方法
(1) 受験申請書を持参する場合は、窓口に現金で払い込むこともできます。
  (2) 受験申請書を郵送する場合は、冊子に綴込みされている五連式の払込用紙で金融機関に払込み、右端の「郵便振替払込受付証明書(お客様用)」を受験申請書の所定欄に貼付してください。

受験の注意

 1.学科試験
  (1)受験票を発行した後においては、受験日の変更や試験手数料の返還はできません。 
  (2)申請書類の不備がある場合は、受理しません。  
  (3)各センターの定員に達したときは第2希望日になります。
  (4)受験申請書を郵送しても受験票が届かないときは、必ず第一希望日の前にご連絡ください。 
 2.実技試験
  (1)センターによっては、実技試験ができない科目がありますので、各センターでのホームページを参照ください。
  (2)学科試験に引き続いて実技試験を受験される方は、あらためて実技試験の申請手続きをする必要はありません。
  (3)試験開始時刻は、受験票でお知らせします。
  (4)希望日が定員に達した場合に、別の日を指定することがあります。
  (5)試験当日は、クレーン等の運転または溶接作業に適した服装で受験してください。

免許申請

    受験したセンターを管轄する都道府県労働局長に免許申請書を提出してください。
申請手続後、免許証が交付されます。
    免許手数料   1,500円

免許証